スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
パクリとパックリ



このフライは素はといえば、ご存知田代さんのオドリバエパターンを私なりアレンジさせて頂いたものです。だからもしかしたらこれは、パクリです。日光湯川のオドリバエが水面を忙しく飛び回る時期に功を奏していたのが、田代パターン。ところがよる年波のせいでどうにも見難いのが難点。そこで、写真のようにウイングの上にインジケーターとしてエアロドライウイングをチト乗せてみたら、結構見やすくなった。更になるべく垂直に立て目立つようにする為に、ウイングの後ろのソラックス部にハックルを巻きました。
ボディはストリップドピーコックとしたら、これが結構オールマイティに効くんです。
今では、欠かせない パックリパターン です。
スポンサーサイト
【2005/10/30 17:05】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ロッドメーキング スクール
ロッドメーキング スクール
年1回開催するこのスクールも、今回で18回目を迎え、明日が初日で10名の方が参加されます。前17回の内には、福岡、奈良、大阪、愛知、山形、岩手・・・etc.の全国各地から参加されています。今回も仙台と大阪の方がいらっしゃいます。7回に渡って通う、その意欲と活力に驚かされ、頭の下がる思いと感謝です。弊店近隣の場所でPM2:00~5:00までで、講師は平田真人(Hirata Rod)です。
メーキングに興味をお持ちの方遊びに来て下さい。ウエルカムです。弊店にお声をかけていただければご案内いたします。

【2005/10/29 12:50】 | Bamboo Rod | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そろそろ晩秋なのに夏のお話
hachi


スズメバチと聞くだけで震え上がるほど嫌いです。ことに親指大ほどの大スズメバチに取り付かれたとなれば、心臓バクバク、胃はキリキリ。ただひたすら、頭の後ろに手を廻してかが見込み、羽音の聞こえなくなるまで耐えるだけの無様な格好の物体に化身します。
なら、いっそうのこと魚に食わしちゃえ。と言うのが発想です。魚にとって蜂に見えるかどうかは別にして、夏から秋にかけて結構有効でした。何よりも視認性がいいのが役立ちました。
これが誘引して仲間と思って寄ってこないかと心配!そんなに似てや、しねー。ですって。
安心。

【2005/10/27 16:27】 | Antique Tackle | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
かりんとう(花林糖)
karinntou


アルミ蓋のガラス瓶に入っていて、菓子屋の店先のケースの上に置いてある、懐かしい光景が思い浮かんできます。
浅草寺裏手、通称「観音裏」の人通りの少ない路地で、珍しくもコレだけで商いをしている店があります。暫く振りで食べてみましたが、止められない、止まらないでした。
この地は、江戸文化の華が咲いたところゆえ、提灯屋、手拭屋、指物屋、祭用品屋、天婦羅屋、おでん屋、イモ屋、どぜう屋、うなぎ屋、洋食屋、食パン、どら焼き、きんつばの旨い店、等などが点在しています。観光地のご他聞に洩れず、賑わうところほど、インチキ、ニセモノ、マヤカシも横行しています。てな、ところが面白い町です。

【2005/10/26 16:14】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大物
大物


ある止水の管理釣り場のこと。桟橋を隔てて、この大物を釣り上げた人と反対向きでキャストをしていた耳に、「ゴボッ」との破裂音のような音が入ってきた。瞬時の感覚でデカイ
と察知。振り向けば8‘6“の5番のバンブーロッドが弓なり。やり取りの末の、このサイズはサケのような79cm。いくら菅釣の魚とはいえ、(鰭はやや小ぶりながらも魚体はきれいでしょう)予期せぬ大物。ロッドワークの巧さと大物に馴れているからこそ上げられたこの結果。ちなみにフライはチェルノブイリアント#10。サイズを計る為に桟橋に上げてしまったが、すばやく戻し、無事ご帰還あそばせました。(ここはC&Rエリア)
【2005/10/25 02:58】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
爆釣ミノー?
wakasagi

写真右上が「IWAI スーパーミノー」これは今、バスの世界では評判の爆釣ミノー。考案者は岩井渓一郎さん。
その岩井さんに誘われて、威力の程を試しに東京湾のシーバスに行ってきました。ゴボッと大口を開けるものや、バッシャと水面を割って喰らいつく大物の出てくるさまを体験しました。
いかに、このミノーが魅力的なものかを目の当たりにしました。シーバスも暫し受難のときを迎えそうな、まさしくス-パー小魚でした。バランスよく作るのはチョット難しいが、興味のある方、お試しあれ。
きっと、湖のワカサギシーズンにも効くでしょうね。コレ。
【2005/10/24 14:25】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ご存知
KAMINARIMON


言わずと知れた、この提灯のこの御門。
終日、引きも切らずに観光客でごったがえす門前と表参道の仲見世。この奥左に伝法院、右の軒並みが途切れた所の境内に宝蔵門。その左奥が五重塔で突き当りが浅草寺。ここは私の日々の通勤路です。毎日がお祭りみたいなこの界隈。
楽しげな観光客の顔を垣間見て様々なお国訛りや各国の言葉を小耳に挟みながら、釣のこと、釣り場のこと、道すがらの思いつくままや、身の回りにあること、ないことなどを取り混ぜた、つり具屋オヤジの忘備録です
【2005/10/23 22:21】 | 日々雑感 | トラックバック(1) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。