スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
元祖
元祖


元祖だとか本家とか冠を掲げる商売を土地柄ゆえに、この辺りでは沢山見かけます。まあ、夫々に由来や言い分、理由があるんでしょうが傍からは良く分かりません。
この冠、流石と言わせる効果と、反面なんだコレでそうかよと逆効果になる危うい部分も含んでいますよね。

弊店の前進、京橋つるや釣具店は日本で始めて本格的なフライタックルを取り揃えた店として知られていることと思います。そういう意味では元祖F.F.ショップつるや、なのかも知れません。が、でもコレ、それを言って何なのと、笑われてしまうでしょうね。ダイチ、カッコワルーですって、ヨ。

国際通り、千束五差路の傍に「元祖 恵比寿ラーメン」というラーメン屋があります。鶏ガラと豚コツでとったダシで醤油とのバランスが絶妙のあっさりめのスープに縮れ麺で元祖のお味は確かと言わざるを得ません。味の好みは様々でしょうからラーメン好きは一度御試しアレ。
この店の名前は30年ほど前に恵比寿でこの店がスタートしたことに因んでのようです。



スポンサーサイト
【2006/06/30 16:45】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
あと2日
あと2日


ここに書き込みをし始めると来客があったり、所用が出来たりで中途になってしまい少々間が空いてしまいました。
2日間又日光に行ってきました。こうレンチャンすると渓流の流れに立ちたいと思うのは贅沢なんでしょうね。

この立ち枯れの大木はF.F.を始めたばかりの30数年前には枝を張り出し緑の葉を蓄えていた様な気がします。もしかしたら同じような状態だったような気もします。釣りに夢中で水面、足元ばかりを見つめていたのでその辺りが曖昧です。ここに我が子を連れて来てその根元で水遊びをさせたことや昼飯を食ったことの懐かしい記憶が蘇りました。
良く通う釣り場にはこう言った懐かしさの残る大岩、吊橋、農家 etc.を皆様お持ちではないでしょうか?

ところでワタシもあと2日で還暦を迎えます。元より還暦は数え年ですが勝手に半年先延ばしをしてきても遂にです。
リセットして緑滴る枝を張り出す。と、言う訳には行きませんがせめて、立ち枯れない内にセイゼイ・・・・ます。で、7月5日から9日まで十勝に行って参ります。

あっ! 根っこのところでライズです。シメシメ・・・・・。






【2006/06/28 16:48】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
目のつけどころ
目のつけどころ


明日の153624の宴会に備えて自宅近くの酒屋に仕入れに行ってきました。ココは全国各地の酒、焼酎、世界のワイン、ウィスキー、リキュール、スピリッツ等の殆どのモノが揃っていて、和も良いけど、偶には洋も頂きたい呑み助にとって好都合で、お使い物の時もいたって便利です。それに気の利いたつまみも揃っているのもウレシイのです。

話はガラッと変わって左から右に方向転換の甘ーいお菓子のことです。帰り道、かねてから目をつけていた洋菓子屋さんの前に通りがかったので、シュークリームと店の名前と同じ菓子を試しに買って早速頂いてみました。シュークリームの皮が香ばしく嫌味のない甘さが当りで、お気に入りが一つ追加になりました。2年前に出来たばかりの小さなお店ですが香料を一切使わないのが売りのようです。釣り場もポイントも目のつけどころを良くすればハズレは減るんでしょうけれども、ナカナカ、どうもね・・・・。
この店、伝法院通りのすぐ近くですが、ちょっと判りにくいところにあります。「みるくの樹 浅草」で検索すると出て来ます。



【2006/06/23 18:30】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残念
残念


今週末はロッドメーキングスクールの卒業生達の釣りと飲み会の一泊しての集まりが有ります。またまた日光へ行くので昨日は久し振りに休養日にして片付やら毛鉤巻きなどの日に当てました。
昼過ぎに浅草寺境内を抜けて浅草神社に差し掛かかると、カメラマンやら観光客の人だかり、急ぐ足でもなかったので何事かと覗くと、演歌歌手の小林幸子が新曲ヒット祈願の三社詣でありました。ここでは良く見かけることです。
それより目を引いたのは場を盛り上げる為にお供で来た浅草芸者数人の綺麗どころが色気たっぷりで粋に構えて人力車で立ち去る姿。
もちろん、そこで写真を撮ってもいいですか、と、聞いたら、どうぞ、と、色よい返事が返ってきました。では、と思ったら、カメラを自宅に忘れておりました。コリャ失礼と同時にココに載せられないのが誠に残念でアリマス。

つくばエクスプレスの開通に合わせて伝法院通りに立ち並ぶ軒並みと、舗装を土色で違和感のないこの町らしい衣替えをしました。
向かい側は昭和を彷彿させる踊り衣装、外人向け和服、江戸切子、骨董、時計、メガネ、やら、なにやらかにやら、地元民にはトンと関係のない一坪足らずの店が軒を連ねております。
週末は人手でごった返します。やっぱりココは年中お祭みたいなところです。綺麗どころが写っていないのが残念!です。
【2006/06/22 19:46】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
写真集
写真集


北海道から九州まで各地の渓流や湖の釣り場風景を津留崎健さんの独自の感性で写した写真集、「幸福の森」2700kmフライフィッシングの旅が発売されました。
この写真集で居ながらにして全国各地を釣り歩いているような気分になりますヨ。日本の潤いのある水辺の景色は実に素晴らしいものがありますね。コレ一冊であたかもそこに居るような夢を見させてもらえるんだからウレシイものです。弊店で著者のサイン入りを目下販売中です。
【2006/06/19 18:46】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
なんでだろう
なんでだろう


我が家の金魚が今朝死にました。今は亡き我が両親が10年ほど前に夜店か何かで冷やかしに買ってきた物です。長生きしたものですがこの所の様子はさすがに色褪せてヨボヨボした感じで、こりゃもうそう長くはないかなと感じていましたがついに逝っちゃいました。長年見慣れていたもんだから居なくなると寂しいもんで早速3匹買ってきちゃいました。
金魚の色合いや形は観賞用に人様が改良に改良を重ねて出来上がった結果なんでしょうからやはり我々の目を楽しませてくれます。

ところでブルックトラウトの配色をとくとご覧下され。ブルーに囲まれた朱点、真っ白な鰭の縁取り、まるで絵の具で書き込んだような色合いじゃアリマセンか。一体、なんでだろう。神様の配色は不思議です。
【2006/06/17 20:33】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヌカカ
ヌカカ


先週、今週とレンチャンの日光湯川通いとなりました。下界は梅雨空の日々が続いており、昨日も途中は曇天で時折雨模様の朝でしたが、いろは坂を一気に登りつめると中禅寺湖からは初夏の日差しが眩しい好天気でありました。
ここのこの季節の難敵はヌカカ(糠蚊)です。極小ですが毒性が強く咬まれると人によっては熱を持って腫れ上がってしまい痒みが10日も2週間も取れない状態になります。昨日の同行者の一人はからっきし虫の毒に弱いようで、耳がダンボのようになってしまい医者に行くはめにになってしまうほどです。
ワタシはと言えばノベツ、マクナク、アルコール消毒を致しておりますお陰でしょうか、全くその毒気には強く、2~3箇所赤くポチンとなっているだけの軽症です。

で、状況のほどはと申しますと、連日の釣り人の毒気の当てられてか当然釣り易い所には小物で、型の良いのはブッシュ、倒木スレスレについておりました。この釣り、必ずしも釣果と満足度はイコールしませんから先週の大漁よりは釣りとしては面白かったのかな・・・・。

お出かけの際には防虫剤必携ですよ。鹿とヌカカにはくれぐれもご用心のほど。

【2006/06/15 14:50】 | Fly Fishing | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
当て字
当て字


寿司屋の湯飲茶碗によく見かける魚ヘンの漢字、何だコリャと言うものもあれば良くぞと感心させられるものもある。一体いつの頃、誰が考えたものだろうか? 皆様お馴染みの鱒はご存知のごとく尊い魚と書く、が、何でそうなんだろうかがよく解らない。この尊い魚のレインボー、ブラウン様が外来害魚指定魚種として槍玉に挙げられてい鱒。
なんだか解らないうちに魚ヘンに害と書いてマスと読まれないようになることを切に願うものであります。

この桃用漢字なるもの、想像するにオヤジ達が集まっちゃアアデモナイ、コウデモナイ、と言いつつ笑いつつ勝手気ままに、有頂天になって作ったんでしょうね。テヘへ。
【2006/06/11 10:23】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
くれぐれもご用心
くれぐれもご用心


昨日の釣行は日光湯川のブルックトラウトです。ここ数年のC&Rの成果が実ってか、以前のように丸いシラッチャけた放流魚はほとんど見られなくなりました。ご覧のごとくこの魚、鰭ピンですが大和撫子ヤマメとは正反対のケバイ厚化粧の外人のオネイチャンと言う気がしないでもアリマセン。

ハッチが盛んになる今時期の10時過ぎになるとあちらこちらにライズが起こり活性が高いので相当遊べます。流れの筋では時折本鱒が顔を見せてくれてその引きを楽しませてくれます。これも当たり前に、日を追うごとに簡単には釣れなくなって来るのですが、そこは腕次第と言うことになるんでしょうね。

帰り道戦場ヶ原を貫く一直線の道路でちょっと脇見をしてしまいました。そのとき助手席の同行者の突然の声、あっ、危ない!。フッと見ると、目前に鹿が飛び込んできました。一瞬のブレーキとハンドル捌きで危うく難は逃れました。多分コレ、コンマ何秒の差でしょう。
ぶつかれば、鹿も車もオジャンで事後処理も厄介です。くれぐれも鹿にはご用心。

【2006/06/08 16:48】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
梅雨入り直前
梅雨入り直前


別に何時から梅雨になって何時に終わると区切らなくても、漠然と雨季になりましたで良いんじゃないかと思うほどこのところの気候はまるで梅雨入りしたような曇天続きです。スカッとした五月晴れが見られないままでアジサイの花の季節になってしまいました。この花条件が一寸変わると色彩が微妙に変化するので七変化とも称されているようです。これが満開で、このところの天気図からすると梅雨入り直前と言うことなんでしょうかね。
明日は定休日、長雨が続かない内に釣りに行って来ます。目的は日光湯川のブルックと決めました。この時期きっと遊歩道沿いにズミが白い可憐な花をつけていて、様々な虫達が羽化し、いたるところでライズが見られることでしょう。直前を遊んで参ります。
【2006/06/06 20:07】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
店主はやはり魚好き
店主はやはり魚好き


昨日は蓼科にある釣り場に行って参りました。店は定休日ですが平日だと言うのに総勢8名ワイワイガヤガヤと貸しきり状態のポンドで好天に恵まれて爽やかな空気の中、目一杯遊んでしまいました。本日はそのあおりですっかり疲れております。

写真は桟橋の上でライズに聞き耳を立てている我が店主です。音に敏感に反応して右に左に、あるいは後ろ側に気を配っている様子です。
まるでわが身を見ている様子に、思わずシャッターを切りました。誰かが魚を掛ければ飛んでいって今にも落ちそうなくらい身を乗り出してランディングの手伝い(邪魔)を致します。
やっぱり、釣り道具屋の店主はお魚がお好きなようでございます。
【2006/06/01 18:04】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。