スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
台風一過
台風一過

昨日は土曜日の台風が秋雨前線も一気に持って行ってくれたお陰で、夏のように日差しが眩しく、TシャツでOKの一日でした。
心配した置き土産の吹き返しもなく、ご来場いただいたお客様に喜んで振ってもらうことが出来ました。
マッタク、釣に興味のない、この大型商業施設LaLaPort豊洲に来られた何万人?のお客さんは一体何をやってるんだろうと、キット思ったに違いありません。
ワタシとしては、普段こんなに人がいたらキャスティングは絶対に出来そうにもないと思われがちなところでも、やれば出来るという収穫を得ることが出来ました。
何よりも、迷惑がられたり、嫌がられることも無く無事終了したことにホッと一安心で、この場所の手配していただきましたKuriさんにカンシャ!です。
スポンサーサイト
【2007/10/29 19:59】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
突然
突然


台風が現れました。足早に関東沿岸に接近して来る模様です。で、結局本日開催のフィールドテスト・フェアは中止にせざるを得ませんでした。この時期の台風接近は10年に一度の確立だそうで、大当たりとなってしまいました。コレばかりはどうにも止められませんからね。
遠方からの出展者は止む終えず計画変更で、東京見物やら友人に会いに出かけて行きました。
明日は台風一過晴天に恵まれそうでありますが、海沿いの会場なので置き土産の風が気掛かりであります。
三日前の予報では土日とも曇りベースの雨交じりでしたから、明日晴れれば良しであります。
たった今、予報が耳に入りましたところ、この台風、一時間に85Kに猛スピードで通り抜けているとのことです。

【2007/10/27 15:23】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロッドメーキング・スクール
ロッドメーキング・スクール


毎年、10月から行うバンブーロッド・スクールは今年で20回目を迎え、昨日は今期1回目の講習を行いました。参加者は東京、千葉、埼玉、栃木、そして、はるばる新潟からの方もいらっしゃいます。かっての一番遠距離の方は岩手県宮古市からです。いくら便利になったとは言え、東京から一泊で釣りに行くのもタメラウ程の遠い所からですからね。その情熱と意欲にマッタク頭が下がる思いであります。と、同時に感謝です。それから、ちょっと毛色の変わったところでは東京在住のアメリカ人で、今期もお一人参加です。

このスクールを始めた20年前を振り返ると、ツール類の入手には苦労しました。講師の平田さんと東奔西走して、フォームはああして、バインダーはこうして、アレをアアヤッテ、コレはコウヤッテと模索したものです。ある時はカンナの入手はどうしたものかと老舗の工具専門店に行って、年配の店の方に恐る、恐る、アノー、洋カンナは・・・・と尋ねようと声を掛けたのですが、そのお方は、そのヨの字も告げないうちに、ぷいっと他所を向いて、テンデ相手にしてくれなかったこともありました。
そんなことが、まるで昨日のことの様でありますが、早や20年です。
【2007/10/22 19:36】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
居ました
居ました


このイワナ、昨日一緒に行ったYさんが釣ったものです。イワナ特有の細身ではありますが、40cmはゆうに超すキズも無く尾鰭が大きい、ご立派なものです。
丹沢水系のいわゆる管理釣り場ですが、そこは自然渓流そのままのところです。イワナの放流は何年か以前にした実績があるようですが、このところはヤマメがその大半で、それにニジマスが入っています。釣人が絶え間なく行き交うこの場所で、ここまで生き延びてきたのです。自分が釣ったものでなくても、こんなのにお目にかかれるだけで、なんだか嬉しくなります。

昨日は余り天気が芳しくないとの予報でしたが、行ってみれば、昼頃の落ち葉を誘う時折吹く風が邪魔をする以外は、シャツ一枚で丁度心地良い、爽やかな秋の好天に恵まれました。予報と、東名の集中工事で敬遠されたのか、平日ということも手伝ってか、我等3人とあと一人の4人の貸切状態でありました。
減水気味でヤマメは警戒心が強いながらも、陽気が見方をしてくれたお陰で活発にフライに反応してくれました。
振り返れば、シーズンを通して満足快適な機会というのは少ないものです。昨日はその数少ない一日となりました。



【2007/10/18 11:35】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
原動力
原動力


一昨日、銀のオブジェが出来上がりました。30cmX30cmのボードの上に、ご覧のごとくの大型メイフライです。
随分以前に、こんなのどうでしょう、なんて言った事ががキッカケで作ってきてくれました。
絵、版画、イラスト、写真、彫刻、彫金などのアーティストの作品、竹、木、石、革、布、を使った職人達の作ったものが、気が付いて見れば狭い店内に結構有るのであります。
当然。その殆どはフライフィッシングに関わりがあるものです。その創作、製作の原動力は皆さんがこの釣にどっぷりハマッテいると言うことであります。
【2007/10/15 11:46】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
創意工夫
創意工夫


バンブーロッドのジョイント部分の多くはメタルのフェルールが使われています。この金属の適度な重量を利用して生み出された銘竿は様々あります。ただ、これもある長さ以上で継数が多いロッドになると、僅か何グラムの重さが、アクションに影響して、腕に負担の掛かるロッドになりがちです。
最近はこの影響を極力避けるためにフェルールをグラスや竹素材で製作されたモノがあります。
その昔、英国で作られたスペイロッドでは写真の様に斜めにカットしてティップとバットセクションを豚革紐で繋ぎ合わせるスプライスドと言われるジョイント方法をとったロッドがありました。
このスプライスドですとティップとバットの一体感が際立ったものになります。これに、創意工夫をして六角竹製フェルール装着の軽くてトラブルの少ないロッドをEnohaが作りました。目下、スピゴットフェルールロッドも試作中です。
フィールドテスト・フェアでお披露目です。どうぞ、ご来場の上、試投して見て下さい
【2007/10/13 12:11】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コレならば
コレならば


渓流サイズのネットの上にあるのは全長4′4″ロッド。かのJim PayneがテーパーデザインをしてBantyとネーミングしたロッドのテーパーコピー版です。こんなショートロッド何に使うんだろうとお思いでしょう。ある本にカヌーでの釣りに合わせて顧客の注文よるもの、或いは女性のためのスチールヘッド用に製作したのかも知れないと書かれています。まあ、前者は解らないでもないが、キャスティングや魚が掛かった時を考えると後者は、チョット? キット、コレを注文した客はバンタム級のこのロッドで、ヘビー級をヤッツケテ大いに楽しんでやろうと言う魂胆で、作らせたに違いないと考えてしまうんですが、どうでしょうか?

ところで、27日、28日のイベント会場の東京都管轄のエリアの使用許可願いは、色よいお返事を頂けませんでした。ならば、と、隣接の江東区の広-い公園を思いつき、知人を通じてお願いしました。ヤァ、やってみるもんですね。すんなりとは行きませんでしたが、今朝、書類を提出してきました。芝生のある一画をこれで借りられます。
試投ロッドが全て「Banty」。コレならばちょっとのスペースで済むんですがね・・・・・。
【2007/10/10 17:59】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
どんな FLY
どんな FLY


タイではこんなFLYも注文してきました。コレ蜘蛛の様にも見えますが、やや沈ませて漂わせるガガンボです。フェザントを結んで如何にもののレッグでしょ。なんか釣れそうな気がしませんか?
この他にも、ワタシが良く使う10パターン程ののサンプルを渡して巻いてもらいチェックしてきました。当然、日本で多用されるポピュラーなものはオーダー済みです。目下、それらの写真撮りをしています。
入荷は来年の2月から3月にかけてで、いずれその一つずつをHPの載せて買い物カゴにさせて頂きます。フライは消耗品ですからなるべく安価を設定いたします。ご注文のほどヨ ロ シ ク オ ネ ガ イ イ タ シ マ ス。 
                            店主敬白
【2007/10/08 12:30】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タイのダム湖
タイのダム湖


チェンマイ郊外のダム湖に行ってまいりました。とは言っても昼食の後観光ドライブがてらで、釣ではありません。もちろん釣りも出来るんですが湿度が高くてメチャ暑い日中のことと、それに暑さもさることながら、オカッパリの場合は足元のサソリや毒蛇も気を使わなくてはいけないようですのでハナからやる積もりになれませんでした。
釣れるのは確かスネークヘッドと言う雷魚のようなものと、名前は忘れてしまいましたが体はコイのウロコのようで頭の尖がった、共に歯の鋭い攻撃的なオサカナだそうです。
そこから3時間ほどのドライブで大物の釣れる大きなダム湖に誘われたのですが、見せてもらった写真のサカナと東南アジア独特の褐色の水の色に躊躇いヤメとしました。
この国は野良犬が至る所にいました。道端にデッカイの昼寝を決め込んでいたりするのは、馴れないよそ者にとっては余り気持ちの良いものではありません。
この湖の周りにも野犬と化したのも見ました。食うには困らない土地柄か悪さはしないようです。同じく大して稼がなくても食えるので、概して男共はお犬様のように生活を楽しんでいるようでもあります。

【2007/10/06 13:12】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
あたりまえ
あたりまえ

画像をクリックしてとくとご覧下さい。タイはチェンマイの電柱に貼り付けられたこの様。昼は暑さが厳しいので、夜に店開きをする露店の明かりを取るためです。夜ともなれば、漸くすれ違えるほどの狭い歩道の両脇に店が立ち並びます。この通路は段差が大きく歩き憎いこと甚だしく、しかも電話ボックスが真ん中にデンと建っていたり、ところどころ穴が開いている所もあるのです。殆どが一方通行のこの町では車道を歩くのが一番無難なのかも知れません。我が日本では考えられないほどのいい加減さも、ここではあたりまえなんでしょうかね。

10年以上も付き合いのあるヨーロッパ人が永住を決めて、ここで完成品のフライの会社を営んでいます。来シーズン向けの弊店販売用(ハイクォリティ・ロウプライス)のことで行って来たのです。国民性のまったく違う他国で孤軍奮闘で作り上げた現場を見て、さぞかしの苦労を察しました。
真昼間にエクスチェンジの窓口のお兄さんはお昼寝と決め込んでおりました。コレ、あ た り ま え、かな?
【2007/10/03 14:28】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。