スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
トートバック
トートバック

元々は、あのL.L.Beanが氷運搬用のバックとして開発したもで、それが女性達の買い物用として広まり、ご存知のごとく、今では男女問わずタウンからアウトドアー・ユースまで幅広く使われているポピュラーなバックです。
弊店では、厚手の特殊織りしたコットン地やワックスドコットンのもの、フタ付きの小旅行用から何もかもウェーダーまでも収められものも販売しています。ご要望によっては特注でも作っています。

このところの寒の戻りで、咲きかけた桜も寒さにイジケテ全開までには未だ至らないようであります。それに晴れれば強い風のオマケ付き、、少し穏やかになった今日見たいな陽気ならば良いんですが、水曜日は又ぶり返しそうです。
ワタシの大型のトートバックには、いつでも出撃出来るように一式収まっているんですが・・・、こんな気まぐれ春模様に、バックもタックルもワタシも、コリャどうもオアズケを喰らいそうで、参ったなァ~、なんです。

スポンサーサイト
【2009/03/30 19:17】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オンとオフ
オンとオフ

桜は咲いたけれど、花冷えとでも言うんでしょうか、先週とは打って変わって寒の戻りの、昨日今日です。雨でも、雪でも、風が吹こうが、槍が降ろうが、ナニがナンデモそうと決め込んで出かけたのはいつの頃までだったかな・・・?  明日は雨も降り出しそうで,寒いらしい予報です。
現場に立ってスイッチが入ってしまえば、少々の雨や風でもオン状態になるんだけれど、行く前の気分が削がれると、腰が重くなってしまう今日この頃なのです。テナ訳で、明日の出釣はオフにしてしまいました。
出掛けてしまえば日常を棚上げして、ドップリと遊び気分に浸かる事が出来ますが、でなけなければアレもコレもやることだらけで、仕事がオン状態となってしまうのであります。トホホ・・・・。
【2009/03/24 21:12】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
始動
始動

一昨日は4ヶ月振りの水辺復帰でした。場所は栃木の川、時折の強い風も大して気にならないほどの気持ち良い初夏のような陽気に恵まれ、気分転換には最良の始動日となりました。こんな日は午前中から良いハッチも見込まれる予感がしましたが、結果は希望的観測や期待通りには行かず、何とか20cm足らずのチビッコヤマメにお目にかかれただけでありました。
人が快適な日並が必ずしもオサカナのご機嫌が麗しいとは限らず、ましてや都内近郊の釣り場では解禁から、ナマメかしい本物に翻弄され、ミワクの金属やプラスチックに誘惑され、ゲイジュツ的な毛や羽に欺かれ、あっという間に警戒心が強くなってしまいますから、快適=快釣にならないのであります。ママになりませんなァ~。
帰りは快温を求めて、数あるの日帰り温泉大型施設を嫌って、宇都宮I..C.近く、地元の人しか知られていないような、しなびた源泉掛け流し「ただおみ温泉」で一日の疲れを癒し、釣りと温泉で、少しの幸せを感じてまいりました。
【2009/03/20 11:30】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
河は眠らない
河は眠らない

今日は連日の冷たい雨と打って変わって、春の暖かい雨が降っています。デモ、春の陽気は気まぐれですから、夜には風が北に変わり冷え込みそうな見込みです。福岡からは桜の便りも聞こえてきました。ソウコウして、いつも通りの春が近づき、そろそろ出没する頃合となりそうなので、来週は気分転換方々、近場の川へ出撃する積もりでいます。

開高健さんのフォトエッセイ「河は眠らない」が最近刊行されました。これは23、4年前に、ビデオで発売されて、何度も見返してきたのですが、耳から入る氏の言葉を文字で確かめたかったので、早速手に入れました。没後20年目の記念刊行の末尾「かくして 魚のいのちは終わった。釣り人もやがては死ぬ。しかし 河は眠らない」の言葉を残したのです。青柳陽一氏の写真が、さながらアラスカにいるような気分にさせてくれる臨場感のある一冊です。¥1,800で弊店で販売致しております。


【2009/03/14 17:06】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浅草で最も古い
浅草で最も古い

洋食屋さんはレストラン大阪屋だそうです。その店は浅草寺裏の言問通りに面しています。ゴロゴロ会館と言う看板が目に付くその直ぐ傍です。
浅草には沢山の洋食屋さんが店を構えておりますが、ここは駅からチョット離れていて、決して交通便利な場所とは言えません。そんな処に有っても3代受け継がれていくからには、それなりの味やサービスがなくては長年営業が続く筈がありません。
昼飯に行って来ました。ここの奥さんと思しき年配の方一人で、テキパキとお客様のオーダーに応じておりました。その動作、言葉使いを見るともなく、聞くともなく、耳に目に入ってくると、やっぱりここは浅草の洋食屋さんと感じ、下町生まれのワタシはホッとします。ゆったりとしたスペースが快適で、味はもちろんのこと、空気感も旨味になると勉強させられます。
【2009/03/09 18:03】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
H.L.Leonard
H.L.Leonard

ご存知レナードロッドです。このロッド1960年代のカスタムメイドです。シリアル№1400 モデル名Ausable それにオーナーズネームがシャフトに書かれています。通常この時代にレナードには何も書かれていません。面白いのはアルミチューブのブラスキャップの裏側に紙が貼り付けれ、HLL36 6' 2pc 2tips Never Fishedと書いてあります。と言うことはお魚を釣るために作られたのに、40年近くもサオの役目を未だ果たしておりません。つまりアレです。アレって判りますか?そうソレです。

このロッド、アメリカに住むある知人が入手したのですが、このラベルを見て、使うのをためらってしまったのことで、今、弊店で販売しております。ロッドチューブの手書きのラベルに5wtと記されていますが、とても5番ラインではロッドが負けてしまうアクションで、今のラインでは3番が適合するしなやかなで繊細なロッドです。
【2009/03/05 18:14】 | Bamboo Rod | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハァ~ルよ来い。
ハァ~ルヨ来い。

ハンドクラフト展が終わってから、日々雨模様、昨晩は雪が舞いました。春は何処へイッチマッタンでしょかね。ようやくモノが片付いたんですが、事務処理が未だで、ワタシの春も未だ先送りの仕事漬けであります。日々の出来事をアップしようにも、一つやれば二つ忘れてしまう今日この頃で、中々手が着けられないザマです。
行き帰りの路地裏で浅草に春を見つけました。「沈丁の一夜雪降りかつにほふ」篠田悌二郎、冷たい雨や雪はもう良いから、ハァ~ルよ来い、ハ~ヤク来い・・・・の心境なんです。
【2009/03/04 16:37】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。