スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
花火
花火

先週の木曜日は千住の花火大会。ヒュル~ヒュル~ヒュル~、ドカーン、ドカーン、目前に迫り来るほどのど迫力のある友人宅の屋上特等席で見物させて頂きました。当然、そうとなれば付き物の宴会。タマヤ!カギヤ!と、ワメキ、トキメキ、花火と好物に酔い痴れて遊ばせて頂きました。

土曜日は浅草の夏の風物詩「隅田川花火大会」。千住の人出もさることながら、浅草は輪を掛けて、ひと、ヒト、人に圧倒される雑踏となります。我が家近くは、車を遮断して路上見物なんてものをさせていますから、引き際の流れに逆らってたどり着こうとすれば、まるで重い流れの遡行状態になってしまうのです。だからいつもは早く帰宅と決め込んでいます。今年は折りよくKさんが閉店間際に来店したので、見物客に逆らって、ほとぼりの冷めるまでチョイとやってから帰えることとしました。墨田の花火は地元なのにまともに見たことがアリマセン。

先程、日比谷で今秋行うイベントの打ち合わせに行って参りました。そこで、春から定期的に同様のイベントを企画したい旨の話もしてきました。ドカーンと開いて一瞬で消えてしまう打ち上げ花火のようにならないように・・・・ネ。  もっとも、そんなデッカイ話ではアリマセンが・・・・ネ。
スポンサーサイト
【2009/07/28 19:41】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
貴重品
貴重品

たんまり降ったお陰で、チビッコばかりが歓迎してくれた北釣行でしたが、ビックと言うには些かはばかられますがカメラに納めても良いかな?のアメちゃんです。これが掛けた途端ひと延しで寄って来てしまう素直で柔なものもいれば、ニジのようなファイターもいて結構個体差があります。
この時は遠路はるばる来たんだからと、歓迎してくれたんでしょうか、ヤッタリトッタリで遊んでくれました。結んだフライはベンジョ虫(カマドウマ)じゃネェ~かと、ある人が見るとそう見えるらしい下品なドライです。ワタシに言わせてもらえば、スティミュレーターゴムアシ版のれっきとしたパターンなのですが・・・。
果たして、コレ下からから見てナニ見えたのでありましょうか? きっと美味しそうなご馳走に見えたに違いありません!
いずれにしても、ゼーンゼン釣れなかった時にお目に掛かれた貴重品だったのです。運が悪かったね、デモ又ねと、言って返したやりました。
【2009/07/24 22:11】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
十勝は
十勝は・・・・

何処の川も増水で濁りだった。当たり前に本流、もしかしたらの支流、ここならばの湧水の流れも、至る所で釣りになる筈もないような色をしていました。かろうじて標高の有るダム湖にたどり着きロッドを出す事が出来てホッ。遠路はるばる来たからニャ、どうしたってそうしたかっただけで、かなりの距離を走りました。こればかりはどうにも、どうやっても、変えようがありませんから、ガイドの高橋さんご苦労サンでございました。諦め悪い釣師だから、ご勘弁を・・・・。
こんな時は魚の活性も低く、モンカゲロウがチラホラハッチしているにも拘わらず、ポツリポツリとチビッコのライズ、何とかニジッ子の顔を拝む事ができましたが、イマイチでありました。15日の晩も雨が降り、他のダム湖のインレットを目指しましたが、とてつもない水量に圧倒され、とんでもない風が突然吹きすさび、やむなく断念、昨日と同じダム湖でお茶お濁しました。月夜ばかりじゃないからネ、こんな闇夜もありますヨ、です。
この日にトムラウシで大勢の遭難者が出たのです。合掌・・・・・・・。
【2009/07/22 16:50】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
阿寒川
阿寒川

あくる朝、昨晩の余飲も雨も残り、木々も強い風に揺らめいて、憂鬱な目覚めとなってしまいました。道内各地を渡り歩いているWさんの情報によると、このところの雨で殆んどの川は増水でも、阿寒川なら大丈夫と言う事と、天気も回復の兆しに気分一新、予定変更で、ならばアカン!になったのです。

予報通り現地に着いて準備万端整えた頃には日が差し、夕べの名残酒もユウウツも何処へやら、3組に分かれてイザ出陣!ワタシのパートナーはSさん。昨年大物にブッチギラレタところを目の前で見ているので、柳の下を狙って、その辺りに二人で入る事にしました。1時間ほど釣り上がり、ピチピチのカワイ子ちゃんが3つほどご挨拶に来てくれたのですが、サテこれからが例のポイントに差し掛かる目前に、Sさんの3ピースロッドのミドルのフェル-ル際から折れてしまうアクシデント発生。
取って帰って、気を取り直してやる時間が余り無かったので、午前の部は途中棄権としました。午後は別の場所から入ったのですが、増水のため四苦八苦。他の2組はソコソコの釣果でしたが、残念ながらワタシャ、オデコでありました。この日は十勝で美味い物のご相伴に与かるために、早めの退散としました。釣りはアカンでも、十勝はご馳走様の一日となりました。
【2009/07/20 11:48】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北の湖で
北の湖で

12日夕方十勝に入って、13日はそこから知人の屈斜路湖近くに建つ豪華な温泉付ゲストハウスに泊めせて頂く為に向かいました。
屈斜路湖の今夏は水温が低く、モンカゲがチラホラ出ていて幾分期待が持てそうだったので、そうなりゃそこで、と言う事になり、ドデカイ湖の端っこをやることにしました。
結果はそぼ降る雨が強い雨に変わるまで、6人のツワモノどもが、浮かせてヒョイヒョイ誘ったり、沈ませて魅惑のユラユラを引っ張ったり、手替え品替え、5時間余りヨッテタカッテやったにも拘らず、アメマス一つで、首をうな垂れて退散の羽目になってしまいました。
そして、冷たい雨とウェイディングですっかり冷え切った体を快適な温泉で癒し、明日の大物に期待して、夜の更けるまで、いつもの如く宴会に突入し、沈没したのであります。ア~ァ
【2009/07/18 20:59】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
出来る事なら
出来る事なら

10時半を回った帰り道、夏だね~と、お姉さんが、買ったばかりのほおずきを二鉢ぶら提げながら、通り過ぎて行きました。我家近くの植木市、入谷の朝顔市、直ぐに浅草寺境内のほおずき市と続き、うっとうしい蒸し暑い梅雨もそろそろ幕引きの頃となります。こうなると近郊の釣り場も限られてくるので、北へ上るか、上を目指すか、になってきます。
そんな訳で、明日の夜から北へ上ります、アチラは夏真っ盛りでも日昼は25~6度、夜は13~5度のようです。帰ってくると直ぐに隅田川納涼花火大会があって、その頃はもう夜ですら暑~い、納涼なんて名ばかりの猛暑になってしまいます。出来る事なら、東京の暑さが恋しいなあ~、なんて言えるくらいの頃まで、居られたらなと・・・・、夢想しています。
【2009/07/11 17:12】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
イベントと釣り
イベント

10月末か11月初めの週末に日比谷の三信ビル跡地の広場をお借りして、ロッドの試投会開催する積もりで、昼間改めて見に行ってきました。広さは申し分なく、日比谷公園の目の前で銀座の隣。改めて見渡しますと、こんな一等地でやれるの?でありますから、もう少しオヒレもアブラビレもつけて、イベント性を高めて、道行く人々にもアピールしようかな、ナンテ色気を出しまして、目下思案中で、他社を巻き込み中です。近々、具体化しそうです。そうしましたら、HPに告知いたします。当然、楽しいイベントにしたいと思いますので、その節は是非、ギン、ブラブラ方々お出掛け頂け下さいます様お願い申し上げます。

釣りは12日の夜から道東に16日までいって来ま~す。弟子屈に弊店のお客様のお宅が有り、そこで一宿一飯の恩義に授かりまして、その辺りで1、2の川を渡り歩き、それから十勝で、叶うならばビックテールにお目にかかれたら嬉しいのですが・・・・。まっ、帰りましたら、転んで流されて、サンザンでしたとの報告でもさせて頂きま~す。

【2009/07/07 19:16】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バイカモ
バイカモ

水曜日に日光湯川に行って来ました。梅雨時に良くあることなんですが、いろは坂を登るにつれて、雨が霧に変わり、やがて雲間が切れて日が差すなんてことが・・・。戦場ヶ原は標高およそ1400mありますから、垂れ込んだ雨雲の上、いわば雲の上で釣りをしている事になるんであります。この日も時折パラついたものの。予想違わずに一日となったのです。

でもって、釣果の程はと申しますと、湿原を蛇行する辺りはヨッテタカっテタタカレタてしまったようで、イジケブルックちゃんが時折ご挨拶してくれる程度でした。6月初旬はあんなに素直だったのにと、同行のNさんが嘆いておりました。ワタシはアチコチと転戦していたので今季初めてで、オイシイ時を味わっていませんでしたから、その程度を遊んでまいりました。小田代橋から上は渓相がガラッと変わるので、こちらの方に入った3人は大型のフライで、しっかり堪能したとのことでした。

ところで、この季節は泉門池の湧水量が増えるお陰で、いつもチョット濁り気味も透明度が高くて、バイカモの白い花がいっそ際立って揺らめいていました。湯川は戦場ヶ原のエリアが好きなんですが、ネ。
【2009/07/04 13:09】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。