スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
花火大会
花火大会

              今晩、隅田川花火大会が行われます。

 第一会場は自宅近くで第二会場が店の傍となっています。100万人近い観衆が6時を過ぎるとゾロゾロ、

 ワサワサ、交通規制が掛かり近隣の道路は桟敷と化す所もあり、ヘリコプターがブンブン飛び交い、周辺

 は大騒ぎとなります。終ってから帰宅すると溢れんばかりの群衆に帰路を阻まれてしまうので、今晩は早

 めの閉店とし、ピカッ、ドカーン、パチパチパチを横目にサッサと引き上げることとします。


スポンサーサイト
【2010/07/31 14:46】 | 日々雑感 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
午前中だけ
午前中だけ

レンチャン釣行と酷暑で偶には水曜日はユックリ、ノンビリ、骨休めなんて思っていたのですが、お誘いに負けて午前中だけ那須の箒川のC&Rに・・・・。

ところが、道すがらの車窓から見えた川はかなりの濁り、せっかくの2時間半も無駄骨かも知れない状況と見て取れました。訊けば、連日午後からの雷雨の影響だそうです。1時間もすれば治まって来ますよ、と言うことでしたので、やってみることにしました。

ここはビッグサイズのニジがかなり入っているのですが、日々攻めに攻められているスレッカラシに仕立て上げられています。威勢の良い若手は手中に収められたのですが、猛者はご挨拶はしてくれるだけで「モウダマサレナイヨ!」とばかり、我ダマシ手には乗ってくれずでありました。
ナリャ!雷雨状況を見定めて、返り討ちにならないようにヒントを得たダマシムシを作り直して、来週は午後から今一度チャレンジする積もりです。ハテ、サテ?

画像はカルガモご一家、我らが太い糸を振り回しているのも意に介す様子もなく、ノンビリと朝飯を食んでおりました。近年カルガモはアヒルなどと交雑したことで人を恐れない家禽のようになってしまったそうです。水辺の風景に色を添えてくれるので有りがたいことでありますが・・・。

サカナもトリもソレもアレもコレも、日々変化?進化するのであります。

【2010/07/30 19:20】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
猛暑です。
猛暑です。

アツ~イ!! 我が家から店まで徒歩約30分の道のりですが、このところのウダルような暑さにクラクラしてしまいます。
近隣の川も煮立ってしまいそうな様相なので、水曜日はロッドの試し振り方々、蓼科のポンドに行って来ました。蓼科の水辺でもメチャ暑かったのですが、サカナの活性は1ヶ月ほど前よりも高くデカメのフライに画像のような斑点のグッドコンディションがボツボツ反応してくれたのです。

ここはそれ相応にスレてしまいましたから、ポッカリ浮かべたフライの傍に寄っては来るのですが、しばしそれを眺めてUターンしてしまうのです。特にブラウンはジーッと見定めてからパクッと大口を開けて喰らいつくのですが、それまで我慢比べをしなければ、ほとんど掛けることが出来ません。

猛暑にもマケズ、ブラウンの警戒心にもメゲズ、レインボーの猜疑心にもコリズに遊んで、それから同行者を中央高速の途中で一人、そして東京駅で又一人落とし、更に浦安まで足を延ばし、帰宅は午前様になってしまったのです。

【2010/07/23 19:26】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夜討ち朝駆け
夜討ち朝駆け

梅雨明け10日と申しますが、明けてこの方灼熱の日差しで酷暑続きです。そんな中、朝方の本栖狙いに行くことになりまして、連休の渋滞を避けて夕方からひとっ走りと思って出かけたのです。が、その読みがテンデ甘く、首都高の渋滞にすっかりハマッテしまいました。
と言うことで、遅めの夕食を頂きつつ先着の3人とお定まりの一杯をやりながら、早朝3時半に起きることに決めて11時頃に床に着きました。

あくる朝挫折の1人を残し、明けやらぬ湖畔で身支度を整えて湖に立つことほぼ3時間、Kさんとワタシに一度づつポッカリ浮いているセミフライに「おはようございます」クソアツイのゴクロウサンの声を掛けてくれただけでした。画像のごとくドピーカンのベタナギ、それに水温も高いので、お手上げ降参することにしました。

朝飯を済ませて現地を8時過ぎにに出発して、帰りも首都高に入ってから渋滞に阻まれてしまいましたが、中央高速の下り車線は途中から40キロも50キロもズーット連なっておりました。プロのウンチャンは仕方のないことですが、トウチャン、カアチャン、ニイチャン、ネエチャンドライバーさん、家族、彼女、彼氏の為とは言え、連休のドライブは大変なコッチャ、ですな!お疲れさんでございます。
夜討ち朝駆けもタイヘンデシタ!
【2010/07/19 18:55】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
想定外
想定外

予報通りもあれば、ゲリラ的な豪雨もあって、何処も彼処も熱帯的な大雨に、被害甚大な想定外の梅雨末期症状の近頃です。ですから、昨日は何処も行かずに小休止かななんて思っていたんですが・・・・、一昨日の朝メールを開くと、Laurenから「水曜日休みが取れました釣りに行けます。」デモッテ、あっ、そう、それはヨカッタですね。なんて言うような返信とはいかずに、ウンジャ雨の影響の少ない忍野でも行きますか、な~んてことで、早起きを避けチョットばっかり重い腰を上げて行って来ました。
時折のパラツク雨でも雨衣要らずの釣り日和でしたが、日々攻められ騙され欺かれている百戦錬磨の手練相手にモンタナの外人さんはバラシが多く四苦八苦のクヤシィ、タノシィ~、忍野初体験をしたのです。
日本語はほぼ通じないアメリカジンと二人、目で、態度で、ブロークンで、ヒル、ヨルのメシ、ツリ、の想定外釣行でありました。
【2010/07/15 19:02】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雨のち晴れ
雨のち晴れ

梅雨空が続いています。国内では各地でゲリラ豪雨に見舞われ、お隣の北京や裏側のニューヨークでは数十年振りの酷暑だったりで、地球規模の天候不順が気になるところです。

阿寒から帰って一日置いて、外人さん(Lauren)と約束をしていたので、日光湯川に5人で行きました。当日の出掛けは雨でしたが、戦場ヶ原は標高があるので梅雨時は晴れの確立が高く、いろは坂を登るにつれて雲の上になることが良くあります。ところがそんな釣師の希望的観測は大いに外れて、現地もかなりの雨脚。それに窓外にチラッと見えた竜頭の瀧のドット落ちる水量にイヤな水色が見えたのです。赤沼に着くやいなや様子を見に行くと、過って余り見たことのない水量と褐色になっていたのです。
何だか出鼻を挫かれてしまって、ヤル気を削がれてしまった挫折者3人は湯滝の茶店に入って小雨になることを願い、カンパイ!タイトライン!の呪文を唱えることとしました。
その甲斐あってか?、暫くすると小雨どころか日が差し始めたのであります! ヤル気のお二人はソコソコの釣果。脱落者はチビッコのご挨拶だけの貧課だったので、ワタシ&Laurenは日の高いうちに上がって、雨上がりの湯の湖や戦場ヶ原の柔らかい景色に慰められた「雨のち晴れ」の一日でした。



【2010/07/09 18:45】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
帰りがけに・・・
帰りがけに・・・

28日(月)はフリーで釧路16時40分発。当初の予定では屈斜路湖の様子を見がてら行く積もりでしたが、阿寒湖がこれでは押して知るべしで、阿寒川に4人で入ることにしました。
入った途端にガンガン流れでSさんに・・・、こう言う流れにいるヤツはピンシャンの背の張ったツワモノ、残念ながら2Xをやられてしまったのです。
ムシッケ、ブンブン、サカナッケ、ムンムン。被さった木の下 石の影、倒木の際、などを注意深く見ているとライズが見受けられ、#8、#10のドライで3Xで狙らったのです。出るのはほぼ45以上50がらみで、夫々にヒットしたのです。流れが重いのでランディングに少々手間取って疲れるなどと贅沢なことを抜かして、5時間余りを十二分に堪能したのです。帰りがけの「オダチン」と言ったところでしょうか
【2010/07/06 16:25】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
阿寒湖
早起き

25日の夕方立ち込んでみました。モンカゲロウのハッチもライズもかなりあって、並んで釣ったSさんに50弱のアメマスが出てハッピーエンドの初日でした。日の落ちる寸前は肌寒さを感じ、この時期は当り前の陽気なのですが、あくる日からは異常高温になってしまったのです。

ホテルの部屋から見た朝6時前の阿寒湖です。雄阿寒岳の上にギンギンのお天道様、凪の湖面にポッチラボッチラのライズが見えました。前日夕方の表層水温24℃。こうなると水面を割って出る魚も少なくて、日の出前の一時勝負に掛ければ良いんでしょうが、余りの暑さにやる気が削がれてしまい、今回は早朝の窓外の景色ながめるに留めました。
そんな訳で阿寒湖の4日間は3時間足らずの釣りでオ デ コ。 陽気のせいにしておくことにしましょ、かね!


【2010/07/04 18:12】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
阿寒川
阿寒川

一週間前の阿寒川イブニング、涼しげでしょ!ところがこの日は北見、旭川で30年ぶりの猛暑、ナ、ナント37度を記録したんです。フェスタの会場マリム館もアツ~クてアツ~クて、屋外のデモやスクールの見学者、生徒さん達は熱射病になっちまうんじゃないかと気に掛かるほどで、まるで熱帯に飛んでしまったかと、錯覚した様な気分でした。
湖はこの気温で一機に水温が上がって、コンディションがガックリ落ちてしまい、居並ぶ名人達者も苦戦を強いられておりました。
原生林に囲まれた夕方の阿寒川では滅多に出ない言葉「涼を求めるには打ってつけ」で昆虫達がワサワサ飛び交いガボッ、ボコッと水面を割りがアチコチ観受けられました。
同行のSさん、Fさんはこの音の辺りをモンカゲロウパターンで北海道サイズの虹色を仕留めて、ウヒャ~を連発して堪能した、6月26日のことでありました。

【2010/07/02 20:13】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。