スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
P.H.YoungのMidge
P.H.YoungのMidge

3本共ヤングのミッジです。下が1950年代のヤングの店のデモンストレーション用、中央が1968年、下が1967年のジャックヤング・ボブサマーズ時代のものです。
デモ用はデモ用だけにラフな作りで、当然インスクリプションなしのアルミ製のフェルールのワンティップです。中央はボブサマーズの製作で、オイルフィニッシュのつや消しになっています。このロッドについては彼の手紙が付いています。
上はオーダーロッドで、細身のグリップに親指を乗せる(Thumb imprint)ように削ってあって、オーナーのネームが入っています。
総じてヤングのロッドはデザインは野暮ったく、フィニッシュもお世辞にも美しいとは言えませんけれども、細身でキャシャな見ばえに見合わず、内に秘めているパワーにチト驚かされるのです。
近日中にH.P.のアンティークロッドページにアップします。
スポンサーサイト
【2012/07/30 20:06】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大尻沼
大尻沼

時折パラつく小雨の曇りベース。もう少し風があってくれた方が水面のフライを誤魔化してくれるのに、と思うほどのベタ凪状態になった午後。ドピーカンで焼くつく日差しに晒され、ボートの上で汗だくでフラフラになるより、強風にあおられキャスティングも侭ならないよりも、ズ~ット快適な昨日の大尻沼でした。

アベレージサイズ50cm弱、デッカイヤツは60オーバー、それをチッポケな#12とか#14のテレストリアル系ドライフライを浮かべて、静かにそのマンマほっとく場合が良いこともあれば、ときにポチャンと、たまにピュ、ピュ、と誘ったりする。誘惑に負けてガボット出てくるヤツもいれば、そうは簡単に騙されないゾッ、と寸前でUターンするお利口さんもいるのです。

秋深まる頃の紅葉季節ともなれば、輪を掛けてお利口さんになったおサカナさんに翻弄されつつも、赤く、黄色く、染まった山々の木々に圧倒されながらの釣りもヨイモンデス、ゾ!


【2012/07/26 18:50】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブルック
ブルック

何だかここ数年で状況が悪くなっているような気がします。18日に湯川でしたが、赤沼~ヤツモモウラ間は殆んど魚がいないじゃないかと思ったくらい、ポイントに入っていません。倒木、立ち木のバンク、せり出した潅木スレスレの際や下に流しても、偶に出てくるのはチビばっかりでした。
それに濁りが取れていないし、大量の砂が運ばれ来ているのか梅花藻の付き具合も芳しくありません。泉門池の禁漁区上からはマアマアだったんですが、戦場ヶ原の景色もここの釣の楽しみなので、この状況は気がかりです。

ここ数年にわたり戦場ヶ原が水没するほどの大雨にやられているし、湿原から草原に変わり行くところですから、土砂に埋まっていくのは仕方の無いことかもしれませんが、以前も良くなかった状況から良い方に復活したことを目の当たりに見ているので、それを望むばかりです。

【2012/07/20 17:17】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
萱家のイベント
萱家のイベント

予想はしていましたが、3連休の初日で高速道路は大渋滞。店主の勘違い手違いで、食料の大半を買い損ねてしまって、急遽の買出しに行く始末もあり。当日未明に丹沢湖近辺で一時間に100mmを上回る大雨で、予定の釣り場はゴウゴウの大増水で手も足も出せない状況にもなってしまいました。

しかしながら、予定の時間からは遅れてしまったものの、参加者全員(23名)で近くの廃道になった道を散策して、山菜、木の実、キクラゲなどを採ることも出来ました。
そして、今回の主役、植野稔さんが創る山暮らしの料理を酒の肴に、まだ日の落ちない内から夜の更けるまで、イワナのこと、熊の話、木、花、山菜、茸、ナドナドのことで盛り上ったのです。
あくる朝4時おきして、川を見に行ったのですが、一日では治まる水量ではなくて、そこを断念して、山一つ超えただけで、水の状況の全く違う(集中豪雨の恐ろしさです)管理釣り場で、ビギナーはキャスティングのレッスンから始めて、実釣を楽しんでもらったのです。多少のトラブルは有ったものの、初めての道志イベント二日間は無事終了したのでした。
【2012/07/16 18:38】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カンコピ
カンコピ

世界サイコウキュウフライリールと言っても過言ではない「Edward vom Hofe Peerless」の完全コピー版、響を柔らかくすれば、レプリカ。日本人が作るとこうなるの典型で、すごく良く出来ています。
昨日、フィールドテストでガンガン使ってチョウダイと、送ってきてくれました。早速、明日、明後日のイベントに持ち出そうと思っています。使って申し分なければ、来年辺りから売りたいな~、と思っているのですが・・?

 九州の大雨は過ってない大被害が出てしましました。心からお見舞い申し上げます。

関東の明日はもしかしたら、雷雨がありそう?で、明後日は日が差すようです。今晩、ピーカンにならなくて良いから、明日天気にな~れ!とおまじないを3度唱えてから、寝ることにします。
【2012/07/13 19:27】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
中休み
中休み

ホウズキ市の頃ともなれば、梅雨も終わりに近いんですが、今年はまだ暫く続く模様です。この二日、とてもアッツ~クなった梅雨の中休みの東京ですが、明日から金曜日まで梅雨空に戻る予報です。

土、日は道志村のキャンプ場「オム」で、今の季節でも採れるキノコや食べられる山菜、フライフィッシングのイロハを交えたイベントをやります。予報ですと、どうやら天気は持ちそうです。参加者は定員の20名と一杯になり、主催者としては、ホットしています。高校生の若者、ご夫婦、女性、フライフィッシングをマッタクやったことの無い人達が半数近くいます。これを機に山や渓の自然に接する楽しさを満喫していただけたらウレシク思うのですが・・・・。
【2012/07/10 17:55】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
SAPPORO ~日帰り
SAPPRO ~日帰り

昨日、所用で札幌に行って来ました。朝10時の羽田を発って、市内に午後の1時前に着きました。現地で人に会うのが3時ごろ、昼飯を挟むと、時間はさほど無いので、この周辺の、さて?何処で時間をつぶそうかと、思いついたのが札幌駅からほど近く、目的地までも好都合の北大校内のポプラ並木でした。

そこは京橋の店にいた40年以上も前のこと、出張で訪れた折に取引先の釣具屋さんが、忙しい時間を割いて、支笏湖やら、ソコ、ココ、アソコと周辺の観光見物に連れて行って下さった内のひとつでした。
ポプラ並木、と言ったて別にどうってことは無いんですが、当時、「すすきの」近くに店を構えていて、とても個性的なその店のご主人とご夫妻のことが懐かしく思い出されました。

所用を済ませて、19:30発でとって帰って来る機内から見えた、昼と夜の境目の画像です。漆黒、橙、青、藍のグラディエーションが印象的な日帰り旅でした。
【2012/07/05 18:04】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。