スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
帰って来ました
帰って来ました。

25日に十勝鱒竿の橋本直紀さんとフライタイヤーの備前貢さんがコロラドから帰ってきました。そこで、ご覧の通り、浅草で宴と相成りました。この日は荒れ模様で、成田到着が危ぶまれたのですが、定刻よりも早めに無事着陸で、予定通りに始めることが出来たのです。

十勝鱒竿はすっかりSCOTT社に認められて、来年からアメリカで発売されるでしょう!ついこの間まで、Made in U.S.A.のフライタックルやグッズは見るもの聞くもの珍しく我らの目をウロコにさせたのですが、今やMade in Japanがアメリカで評判を呼ぶような時代になったのですね。

弊店の「ハンドクラフト展」にはGlenn Brackett氏のSweetGrass Bamboo RodのJapan Specialが、出品することになりました。発売に当りアレがコレがどうのと言わせて頂いているのですが、ソンナことを私たちから、偉そうに言わせてもらえる様になったんだ、と考え深いものがあります。

備前さんはあのすばらしいハックルのホワイティングファームに行って来た話の最中、ハンドクラフト展に、タイイングのデモとオリジナルフライの販売で函館からはるばる参加して頂くこととなりました。

そして、台風なみに発達した天候にも拘らず、無謀にもハシゴした組は風雨に晒されて、夜更けの浅草をずぶ濡れ状態で帰宅の途につきました。



スポンサーサイト
【2013/11/28 17:44】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホットワイン
ホットワイン

以前、近所のイタリアンでこの季節に飲んだホットワインが結構旨かったので、そこらのス-パーで安ワインを買ってホットにしてやったら、ひどく不味かったのです。そのワインが原因かどうか判らないが、明くる日から腹を下して、三日間、絶不調でした。
先日、シルバーレイククラブの吉田さんとご一緒した昼飯時、そんなワインの話をしたところ、浅草橋駅の近くにドイツワイン専門店があって、確かこの季節限定のホットワインが有ったように思います。と言うことになり、早速その店を紹介してもらい、行って見ました。
細長いビルの9階で、営業時間前でしたが快く入店させていただき、そこにあったホット専用ワインを買いました。この店、試飲が出来るワインショップ「ドイツワインハウス」で営業、毎週 木・金・土 PM3:00~8:00オープン(住所:台東区柳橋1-23-4-9F)その折り「ハンドクラフト展」の話がで出て、オーナーが興味を持ってくれました。もしかしたら、ワインの試飲コナーを作るかも知れません?
ところで、ホットにしたそのワインはこの季節に飲みたかった!味でした。
【2013/11/24 10:37】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
東京湾
東京湾

波っ気があって少しばかり揺れていたので、ピンボケです。早朝か夕方のどちらが?と聞いたら、ここんとこは夕からがお奨めの答えが返ってきました。でもって、20日(水)は久し振りのボートシーバスでした。

開始当初は同行のNさんがいきなり60オーバーに始まり、あっという間に釣りまくり、彼が7~8ツ掛ける間にワタシャ、コッパセイゴが一つだけでした。そのポイント、魚影濃く走る魚が見えます。活性高くボイルもしていました。リトリーブのやり方が悪いのか?フライが合わないのか?やり方を変えたり、フライを交換したりしたのですが、とにかく掛かりませんでしたから、ほんのチョコットしたことがご機嫌を損ねたようです?
まあ、それでも、ポイントを移動してから、画像のようなサイズが良く出たのですが・・・。
さんざん釣りまくったNさんはたった一本のそのフライがボロボロになってフライを交換してからは今までと打って変わってしまったのです。まさしくマッチング ザ ベイト!でした。
東京湾の夜景は異様なほど明るくそれはそれで悪くは無いんですが、次回はお天道さんの下でやって見よう、と思っています。


【2013/11/22 16:09】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
近況
近況

今朝の吾妻橋際に停泊中の遊覧船です。船名が何故か「竜馬」? 柵の上にはユリカモメ、反対側の手すりには20羽ほどが留まったり、羽ばたいたり、ぎゃ~ と喚いています。11月に入るとこのユリカモメがやたら目に付くようになり、冬到来を感じさせます。

昨晩、TBSドラマ「半沢直樹」「倍返し」で今や一躍時の人として脚光を浴びている直木賞作家の池井戸 潤さんを交えてこの近くの居酒屋で一杯やりました。声を掛けて頂いたのは氏と前々から親交の有ったお客さんのIさんです。どうってことも無い他愛無い話を交わしただけで、だからどうしたということは無いのですが、超多忙なスケジュールの中、同じテーブルを囲んで飲めたことに感謝です。
【2013/11/15 16:51】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
試してきました
試してきました

試作ロッドが4本出来上がってきましたので、蓼科の池で試してきました。3日の早朝4時起床で、お二人を迎えに行き、帰りはお決まりの渋滞に巻き込まれて帰宅は午前様でした。秋の行楽シーズン中央道は小仏トンネルを起点にどうしようもない渋滞です。巻き込まれないためには23時過ぎに通過するように心掛けなければならないのですが、つい突っ込んでしまうんです。判っちゃいるんですがね。
4本の試作ロッドをすべてラインをセットして、キャストを繰り返して感覚を見定め、それぞれで魚を掛けて感触を見極めました。ワタシャ、今日はこれが仕事なんです、と言い聞かせて・・・・。
いい感じもあれば、当然そこをアアしたら、ここをコウしてほしいもありました。1月31日からのハンドクラフト展でデビューしてもらうようにです。

【2013/11/05 17:32】 | Fly Fishing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。